100日間の脱喪ブログ

30分でチェンジされた女の脱喪ブログ

「シフォン・リボン・シフォン」読書録

おはようございます。

喪女卒業のための行動は何もないのですが

最近心が乱れているので、読書録を付けることにしました。

 

今回読んだのはこれ

 

www.amazon.co.jp

近藤史恵先生の 「シフォン・リボン・シフォン」

私は世界最高ランクのクソ喪女なので、女性作家が書く小説って苦手なのですが(当たり前のように恋愛してるから)

この本はとてもよかったです。(知能が低い感想)

 

この本のテーマはずばり

毒親と自尊心」

だと思います。

 

川巻という小さな田舎町にオープンしランジェリーショップを舞台にした短編集なのですが、概要は

 

下着が人の気持ちを変える? 弾ませる? 東京のファッションビルの一角でランジェリーショップ「シフォン・リボン・シフォン」を成功させた水橋かなえは、母の介護のため、活気をうしないつつある地方都市に戻ってきた。まだ30代の彼女は、通信販売で固定客を得ていたこともあって、この街でも店を開く。機能的な下着から自由でチャーミングなものまで、いろいろ勢ぞろい。さびれた商店街にできたこのちょっと気になるお店に、やがて人々は引き寄せられる。かなえと同様に介護生活をおくる32歳の佐菜子、米穀商店の女装する若い息子、旧家の時代を忘れられない年配の女性……。レースやリボン、小さい花柄をあしらった下着が、彼らの人生をほのかに弾ませる。母と娘の屈託、息子と父の反目、嫁と姑の気詰まりをなぜかほどいていく。小さな人生模様がえがかれ、摩訶不思議でほのぼのとした小説集。

(全てAmazonより引用)

 

です。

介護とか病気とか生きて行くうえで避けては通れない問題を抱えた、というか

毒親に押し付けられた 人々が登場します。

 

近年では毒親という言葉も一般化してきて、毒親なら縁を切ってもかまわない、むしろ切るべきだ。という風潮になってきているように見えます。

けど、この小説のいいところは

そんな毒親に育てられて大人になり、親も自尊心が低かったということに気が付くところ。

捨てちゃえばいいのに、なんていうのは、第三者の楽観的な声でしかないと気づかされるところです。

一度介護という責任を負ってしまったからには、それを捨てるにも責任がいるんです。

 

ちなみに、私が一番いいな、と思ったお話は、一番最初に載っている

母親の介護をしている32歳の佐菜子が主人公のお話です。

彼女は大きな胸を母親にみっともないと言われたことがコンプレックスになっているんですが、綺麗な下着を身に着けることで自分を大切にする、ということを学び、親を捨てることはしないのですが、支配から逃れることができるようになる。

という内容です。

自分を大切にすることの重要性とか、学ぶことが色々あるのですが、私がこの話を好きな理由は

この女、モテそうだな

と 感じたからです。

 

だってまず

男って訳アリな女好きじゃん????

ワケありでなおかつ

あんまり稼ぎがない

男がいないと生きられなさそうな女好きじゃん???

この主人公はパート、母親の介護、そして巨乳

正直男が好きなものをかなり兼ね備えた女なのですよ!!!!

それなのに結婚できないだの処女だの悩んでいるのは確実に

自尊心の低さ 

だと思います。

綺麗なランジェリーと出会えたことで自信をつけ

辛くても頑張っている健気な私

(と胸)

をアピールすれば絶対にモテる

この女は、最高のクソ女になれる!!

 

喪女的目線で見るとそんな感じでした笑

ハハ・・・

 

自己満足記事以外の何物でもないブログですが、

今後も面白い本に巡り会えたら書いていこうかとおもいます。

今心乱れているからね。

 

それでは!!!!!!!!